切手の種類

切手の語源・郵便制度の父「前島密」が命名

切手の語源

日本で「切手」という言葉を最初に使ったのは、日本の近代郵便制度の創始者である前島密(まえじま・ひそか)と言われています。

ウィキペディアには、以下のように書いてあります。

前島 密(まえじま ひそか、天保6年1月7日(1835年2月4日) – 大正8年(1919年)4月27日)は、日本の官僚、政治家。号は「鴻爪(こうそう)」。日本の近代郵便制度の創設者の一人であり、その功績から「郵便制度の父」と呼ばれる。今日も使われる「郵便」や「切手」、「葉書」という名称を定めたほか、1円切手の肖像で知られる。
ウィキペディア 前島密

大阪府大阪市中央区北浜東3には「前島密之像」があります。

出典:ウィキペディア

前島密は、1円切手の肖像画の人物にもなっています。

切手の語源についてですが、古くから日本では、お金を払って得た権利を証明する紙片のことを「切符手形」と呼んでいました。

コージ
コージ
今でいう商品券のような扱いですね!

この言葉を短く省略したものが切手です。

海外の切手

世界最初の郵便切手「ペニー・ブラック」

出典:ウィキペディア

イギリスでは、切手のことを最初は「ラベル」と呼んでいました。

しかし、この呼び方は定着せず、いまでは切手のことを「スタンプと呼んでいます。

コージ
コージ
切手を収納するアルバムのことを、スタンプブックといいますよね!

切手が登場する前、郵便物には郵便を引き受けたことを示す印章が押されていました。

そのような背景があったので、「ラベル」ではなく「スタンプ」という呼び方が定着していったようです。

 

危険!悪徳業者に騙されないように!

買い取り業者の中には、着物や切手の買取を謳い文句に自宅へ訪問して、貴金属や宝石を無理やり買い取る、いわゆる「押し買い」が横行しています!

悪徳業者の主な手口
  • 査定金額が安い
  • 貴金属をしつこく要求する
  • 家に居座って帰らない
  • 売りたくないものを強引に買い取る
  • 強面の男が脅し口調で迫ってくる
  • クーリングオフなど必要な説明をしない

こうした被害に遭わないために、切手を査定する場合は、安全で信頼できる大手企業を選ぶのがポイントです!

コージ
コージ
信頼できる会社は、査定のみでも大丈夫で安心でした!

高額の出張査定が可能な切手買取店ランキング

バイセル

日本全国で対応の最大手!
切手買取が初めての方は、まずココがおすすめ!


バイセルのスタッフの話では、いま切手買取にとても力を入れて取り組んでいるそうで、今なら買取価格を「他社さんより、がんばらせてもらっています!」とのことでした。

「切手の価格は日々変動するので、まずは問い合わせてみてください。査定だけでも大丈夫です!」とのこと。

切手を高く売る手順
  1. まずバイセルで査定
  2. 次に他社で査定
  3. 比較して一番高いところで買取(再びバイセルOK)

このような手順が一番高く切手を売れるので、最初にバイセルで切手の買取査定をするのがおすすめです!

おすすめ度
出張査定 査定・出張・キャンセルすべて無料
クーリングオフ 8日間以内で可能
出張可能エリア 全国48都道府県全域

バイセルの取材記事はこちら公式ページはこちら

ザ・ゴールド
全国半分の地域で展開!
ザ・ゴールドは、“無店舗型の悪徳業者”との差別化を図って全国に79店舗の直営店を運営し、地域ごとに社会貢献活動に取り組み、地域に根差したリサイクル活動を行っています。
おすすめ度
出張査定 無料
クーリングオフ 8日間以内で可能
出張可能エリア 全国の半分程度

詳細ページ公式ページ

福ちゃん
東京・大阪・神奈川で!
福ちゃんは「切手をどこよりも高く買取る自信があります。」をキャッチコピーとして、買取がはじめての方も安心して利用できるサービスを心掛けています。
テレビCM・ラジオCMなどの地上波メディアにも掲載されている人気の店舗です。
おすすめ度
出張査定 無料
クーリングオフ 8日間以内で無料
出張可能エリア 東京・大阪・神奈川

詳細ページ公式ページ